社会貢献を仕事にする2種類の方法

こんにちは!ライターのMAKOです!

私の周りには「社会貢献に関わる仕事がしたい!」と話している人がとても多いので、

今日は具体的に、社会貢献に関わる仕事はどのようなものがあるのかを話していきたいと思います。

 

社会貢献に関わる2種類の方法

社会貢献に関わるには大きく2種類に分けられます。

すでにある組織に属するか、自分の信念をかなえられる組織を自ら立ち上げる、の二つです。

 

ではそれぞれのメリットとデメリットを解説したいと思います。

 

①CSR事業をやってる企業・NPOに就職する

まず一つ目は社会貢献に関われる会社に就職です

メリットとしては、

即戦力を持っていたらすぐに関われる

すでにできている仕組みの中に参加するため、即戦力としての能力があれば、すぐにチームの一員として働くことができます。

規模の大きいプロジェクトに関われる可能性がある

近年CSR事業に力を入れている企業も多いため、プロジェクトに割けるお金や人員が多く、運が良ければ大規模なプロジェクトにかかわる可能性もあると思います。

では、デメリットとしては、

・仕事を選べられない。

企業で各部署に配属されるため、もしかしたら編集作業、事務作業などやりたくないようなことしか任されない可能性もあると思います。

・企業理念が必ずしも自分の理念と一致するとは限らない。

自分の信念や夢と100%同じな組織なんてほとんどありません。自分の理念と相反するような企業に入ってしまう可能性もあると思います。

・人間関係ガチャ

自分がプロジェクトのメンバーを選ぶことができないので、性格や話が合わないメンバーと一緒になる可能性も大いにあると思います。

②NPOや社会貢献事業を立ち上げる

二つ目は、どこかの組織に所属するのではなく、自分の理想をかなえられるような組織を立ち上げることです。

メリットとしては:

・自分のやりたいことを実現できる、決定権を持っている

自分が立ち上げた組織なので当然やりたいことができ、自分がすべての事を決定できる権利を持っています。作りたい世界を誰にも制限されずに行動できると思います。

・好きな人を巻き込める

周りのスタッフやメンバーを選んでいるのも自分なので、気の合う仲間やメンバーに囲まれた生活ができると思います。

ではデメリットとしては

・経営の知識がないと継続できない

決定権や主導権を持っている反面、自分自身が永続的に回る、利益を上げ続けられるような組織を経営しなければいけないです。経営経済の知識が十分にないと当然破産してしまいます。

 

結論

社会貢献を仕事にする方法は2種類あります。

一つ目は、CSR事業をやってる企業やNPOに就職することで、

二つ目は、自分でNPOや社会貢献事業を立ち上げることです。

 

それぞれメリットやデメリットがあると思いますが、

両方比較したうえで自分自身のやりたいことをより叶えられる方を選ぶといいと思います。

 

もしこのような話をもっと詳しく聞きたい、細分化した分野の違いを聞きたいと思った人や、方向性は決まったが具体的にどうやってやれるかがわからない人は

是非連絡してください!

 

ではまた!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です