地域の特産品の売り上げを上げるためにできる3つの事

こんにちは!ライターのMAKOです!

昨日、同じ学科の友達から岐阜の特産品の干し大根をもらいました。とてもおいしかったです。

 

特産品といえば、力を入れている地域はたくさんありますが、

実際うまくいってるところと、まったくと言っていいほど売れていないし知名度もない特産品もたくさんありますよね。

 

今回はうまくっていない特産品が、ちゃんと売り上げを上げられるためにはどうしたらいいのかを考えてみました。

売り上げを上げるために必要な3つの要素とは

まず、売り上げとは商品を販売することによって得た代金です。

そして、売り上げを要素分解してみるといかの三つによって構成されています:

 

売り上げ=商品の値段×お客さんの数×お客さんにリピートしてもらう回数

 

つまり、売り上げを上げるためにできる事とは、

  • 商品の値段を上げる
  • 買ってもらうお客さんの数を増やす
  • 一度買ってもらったお客さんに再度買ってもらう

の3つです。

 

では一つずつ見ていきましょう。

①値段を上げる

実際これは一番難しいです

なぜならば、普段から700円で買っていたものが、急に800円になったら買ってもらえる人数は必ず少なくなりますよね。

ですが、売上を上げる=値段を上げると思っている人は実際多く、

特産品の多くのものはお客さんが平均出してくれる値段より高めになっていまして、結果的に誰も買ってくれないという事例がたくさんあります。

 

②買ってもらうお客さんの数を増やす

これは一番現実的な方法でしょう。

そして、買ってもらうために必要なのがPR=宣伝です。

自分たちの特産品を買ってくれそうなお客さんが、どこにいるのかを考えたうえで適切な宣伝することが大事です。

さらに、本来興味持ってくれないような客層にアピールすることも効果的でしょう。

 

③一度買ってもらったお客さんに再度買ってもらう

このことを「リピート」と言います。

一度きりのお土産ではなく、日常的に年に何回も買ってもらえるようにするためにはどうしたらいいのかを工夫すると、売り上げは必ず上がります。

 

結論

売り上げを上げるためにできることは3つ

  • 商品の値段を上げる
  • 買ってもらうお客さんの数を増やす
  • 一度買ってもらったお客さんに再度買ってもらう

 

売れてないモノはこの3つのどれかがうまくいってないから。

もし自分たちの地元が販売している特産品がうまくいっていないのであれば、どこが問題点なのかを一度考えてみてもいいかもしれないですね!

 

最後に

IRODORIでは経済経営、ビジネス視点で社会問題を分析しながら活動しているメンバーがほとんどです。

もしこのような話題に興味がある、もっと聞いてみたいと思ったのであれば、

是非一度連絡してください!

 

ではまた!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です